アクセスランキング

長々と放置していましたが
いよいよ新館(当ブログ)で更新していく気になりました。
まだ体裁が整っていませんがボチボチ手を入れていきます。
コンセプトは本店 どろんじょ三世の日々徒然に in FC2 を踏襲しつつ
新しいカテゴリーも加えて10カテゴリーくらいにするつもりです。

既にオープンしており20000PV/月程の「パチンコ」関連記事で構成する
別館 どろんじょ三世のパチンコ日記
につきましても引き続きよろしくお願い申しあげます。

各ブログの更新時にはツイートが飛びますので
よろしければフォローしていただければ幸いでございます。


リンクはどちらに張っていただいても結構ですし、
その旨の連絡も不要ですが、記事の内容を転載することは一切禁止します。
私の管理するブログの記事の著作権は私が保有しています。
過去にNTTドコモを始めとしてそのような事例を確認していますが
著作権を侵害している場合はしかるべき法的処置を執る場合がございます。

記事を転載する場合は事前にご連絡いただき、しかるべき対価を提示し
双方が合意に至った場合のみ許可いたします。
ただし許可した場合も私が著作権を有している場合は
その旨転載したメディアにおいて表記していただくことが前提となります。
著作権そのものの委譲を希望される場合は提示条件により判断いたします。







写真はサムネイル表示されていますので、
クリックしていただければ大きな画像を見ることができます。






スポンサーサイト

--年--月--日
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レノボへの生産移管でNEC LaVie は品質が落ちた

2014年08月05日
NECのパソコンの生産がレノボに移管された事をご存じの方も多いかと思います。そんな折、私は2014年3月13日にビックカメラ.comでポイント10%94800円(実質85,320円)で、LaVie S LS150/RSW PC-LS150RSW (ホワイト) [2014年春モデル]を購入しました。
rakuden_pc-ls150rsw.jpg

2010年8月15日に購入したLaVie L PC-LL750JS1YW(ホワイト)からの買い替えです。以前のLaVie LはWindows7 Core i5でブルーレイドライブ搭載メモリー8GBに増設、HDD500GBだったのですが、ブルーレイディスクを使ったのは結局リカバリーメディアを作る時だけでしたので、不要だと思っていました。CPUがCeleronだったのでかなり迷いましたが、Core i7にすると軽く15万円OVERコースになってしまいますので妥協しました。

別に壊れたから買い換えたわけではないのですが、NECダイレクトのメーカー保証3年間延長プランの期限が過ぎていた事、そして購入した池袋のヤマダ電機モバイルドリーム館で購入時に購入金額の5%で加入出来るヤマダ電機の5年間延長保証はまだ残っていましたが、4年弱の間にNECによるメーカー引き取り修理点検を1回、そして今年の2月にブルーレイドライブが故障してしまい、ヤマダ電機の延長保証を使ってドライブの交換も行っており、また内蔵HDDが容量的に逼迫してきていた事等々の理由で、まだ正常動作するうちにソフマップで売却し、新しいパソコンに買い換えようと決断した訳です。

実際にセットアップしたのはゴールデンウィークに入ってからだったのですが、まずWindows8.1に戸惑いました。だってマイコンピューターないんだもん・・・。この点はビックカメラグループが1500円ほどで販売しているソフトをインストールすることにより解決しました。

普段はもっぱらデスクトップ画面で使っていますがマイコンピューターがあるのとないだけの違いでこれほど困るものなのかと呆れました。

製品についてはまずアイソレーションキーボードが非常に浅くて使いにくいです。LaVie Lもアイソレーションキーボードで慣れていたはずなのに、それよりも格段に浅くよくタイプミスをして困っています。

次にメモリーについてですが標準の4GBでは全く使い物になりません。ChromeとiTunesを立ち上げるとフリーズして強制終了しなくてはうんともすんとも言わなくなります。iPhoneやiPadを使っているのでiTunesは必須です。またEvernoteのデスクトップ版アプリも非常に重く、マイクロソフトの嫌がらせなんじゃないかと思えるほど、ChromeとiTunes、Evernoteがめちゃくちゃ重いです。

仕方がないので更に17000円追加投資してメモリー16GBにして使っています。メモリーを増設してからはCPUがCeleronでも問題なく快適に使えていますが、追加で更に約2万円も使ってしまい結構高額な買い物になってしまいました。

問題はそのメモリー増設の時です。裏蓋のネジが異常に固くてネジの頭が潰れそうになってしまい、結局メーカー引き取り修理(?)になってしまいました。増設メモリーの裏蓋が開かないパソコンなんて聞いたことがありません。そういう点を見ていると、やはり製造をレノボに移管した分クオリティが落ちたような気がします。

ただサポート窓口に関してはやはり国内メーカーという安心感がありますし、対応も非常によかったです。とは言えメモリー増設しようとして引き取り修理になって4日間パソコンが使えなかったのは非常に困りました。次、NECのパソコンを買うか?と聞かれたら私は買いません。結構高額なのに品質が追いついていない気がします。富士通はイマイチですので次に買う時は東芝にしようと思っています。

最近はHPやレノボの直販モデルやASUSの低価格パソコンを購入する方が多いようですが、グラフィックス専用チップを搭載していないモデルを購入する時は、Core i7かCeleronかと言うCPUの違いよりも搭載出来る最大メモリーを重視された方がいいと思います。現在のパソコンはCeleronですが動画のフォーマット変換等を行っても以前使っていたCore i5と速度的には変わりません。やはり増設した16GBメモリーが効いているような気がします。

また安価なモデルにはMS Officeが同梱されていない場合が非常に多いのも注意した方がいいと思います。Office Home and Business 2013を別途パッケージで購入すると一番安いパッケージでも3万円近くします。Officeは2013になりマイクロソフトのクラウドサービスであるOne Driveとの親和性が格段に向上しており、iPhoneやiPadでもドキュメントを簡単に閲覧出来たりして非常に使い勝手がよくなっています。

5万円くらいの安価なパソコンを購入しても別途Officeを購入したりメモリーを増設したりすれば、結局は10万円くらいになってしまいます。外資系メーカーのサポートはやはり国内メーカーほど手厚くないというのが正直なところだと思います。売却時にもネットで大体の査定額がわかるやはり東芝あたりの直販ではなく店頭販売モデルがベストな気がします。

国内外の有名ブランドアパレルが激安&翌日届く
激安価格のメンズ・レディースのインポートブランド セレクトショップ

どろんじょの記事を支持していただける方は、
ぜひブログ村バナーを1日1クリックお願いします。


にほんブログ村 PC家電ブログへ

Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。